• プロフィール

    Author:大坪敬史

    大坪 敬史
    関西学院大学 文学部地理学科卒。
    民俗学、文化人類学、観光地理学を学ぶ傍ら、大手旅行会社での添乗・実務業務に没頭。日本文化を守り伝えていく“地域活性化”を志し船井総合研究所入社。
    宿泊施設のマーケティング戦略立案から、具体的な販促実務までを主軸に置いたコンサルティングを展開。中でもインターネットを駆使したWeb販促&直販売上倍増ノウハウ&即時業績向上には定評がある。 世界に誇る日本文化を次代に語ること、、、をテーマに全国を日々巡礼中。
    2010年1月、日本の観光業の永続的発展を目指した株式会社観光文化研究所を設立。代表取締役に就任。
    最新の投稿
    2021年07月24日
    打ち水
    2021年07月23日
    猛暑サバイバル
    月別の投稿
    2021年5月
    « 4月   6月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
    2006年12月から「毎日」更新中!
    ブログ内検索
    2021年05月31日

    飲食店を守ることも 日本の「いのち」を守ること

    日本酒「獺祭」で有名な山口県に本社のある旭酒造さんが、2021年5月24日付
    『日本経済新聞』(全国版)朝刊に意見広告を出稿されました。

     

    ■ 飲食店を守ることも 日本の「いのち」を守ること

    ※ https://www.asahishuzo.ne.jp/news/info/004899.html

     

    ■ 旭酒造さんTwitter公式アカウント

    ※ https://twitter.com/DassaiSake/status/1396660886199148544 

     

    詳細は上記URLからお読みいただけますが、

    =====================================

    地域経済を支えている人々の最低限の雇用を守りながら感染対策を進めることも、
    「いのちを守る」という点で重要性に変わりはありません。
    グローバル大企業が担う「二割の雇用・三割のGDP」だけでは、日本の地域社会は
    支えられません。

    =====================================

    と明確に言い切っておられる箇所に大変共感し、早速Twitterをフォローし「いいね」
    させていただきました。

     

    五輪開催云々でバタバタしている中央の政治家さんたちの耳にも届くことを願っているのと、
    この「飲食業」の箇所を「観光業」や「宿泊産業」に置き換えても、十分に意味と意義が
    通じる檄文だと考えております。

     

    願わくば、常日頃から「宿の皆様と一緒に成長していきたい」とおっしゃっているOTAの
    皆様もぜひ、旭酒造さんのような「意見広告」を堂々と出してもらいたいものです。