• プロフィール

    Author:大坪敬史

    大坪 敬史
    関西学院大学 文学部地理学科卒。
    民俗学、文化人類学、観光地理学を学ぶ傍ら、大手旅行会社での添乗・実務業務に没頭。日本文化を守り伝えていく“地域活性化”を志し船井総合研究所入社。
    宿泊施設のマーケティング戦略立案から、具体的な販促実務までを主軸に置いたコンサルティングを展開。中でもインターネットを駆使したWeb販促&直販売上倍増ノウハウ&即時業績向上には定評がある。 世界に誇る日本文化を次代に語ること、、、をテーマに全国を日々巡礼中。
    2010年1月、日本の観光業の永続的発展を目指した株式会社観光文化研究所を設立。代表取締役に就任。
    月別の投稿
    2020年12月
    « 11月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
    2006年12月から「毎日」更新中!
    ブログ内検索
    2020年11月18日

    Gの恐怖?

    先日ある旅館様で、「夜中の12時前にお客様がからGがでたので何とかして!」

    という内線があり・・・という話を伺いました。

    こちらの旅館様は山と川に面しており、静寂と自然豊かな環境がウリの旅館様

    でもあります。

     

    ですので、いくら対策(薬剤をまく等)しても、Gが出るときは出てしまいます。

    大抵のお客様は、これだけ自然に囲まれてればね、と好意的に受け止めていただける

    そうですが、このお客様は「高い宿泊代金払ってるのにどういうこと?」とかなり

    激高されておられたとか。

     

    しかも、スプレーを使わずに仕留めろなど、かなりの無茶をおっしゃったそうです。

    何とか係の方が仕留めたら、今度は「こんなところには泊まれない、帰る!」と

    本当に深夜にチェックアウトされたとか。

     

    Gが出ることとは不可抗力。。。だと思うのですが、GoToトラベルの影響か

    普段旅行に行かれ慣れていない方が旅すると、こういったトラブルが起こるのか・・・と

    何とも言えない気持ちになった次第です。