• プロフィール

    Author:大坪敬史

    大坪 敬史
    関西学院大学 文学部地理学科卒。
    民俗学、文化人類学、観光地理学を学ぶ傍ら、大手旅行会社での添乗・実務業務に没頭。日本文化を守り伝えていく“地域活性化”を志し船井総合研究所入社。
    宿泊施設のマーケティング戦略立案から、具体的な販促実務までを主軸に置いたコンサルティングを展開。中でもインターネットを駆使したWeb販促&直販売上倍増ノウハウ&即時業績向上には定評がある。 世界に誇る日本文化を次代に語ること、、、をテーマに全国を日々巡礼中。
    2010年1月、日本の観光業の永続的発展を目指した株式会社観光文化研究所を設立。代表取締役に就任。
    月別の投稿
    2021年5月
    « 4月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
    2006年12月から「毎日」更新中!
    ブログ内検索
    2021年04月11日

    固定資産税のpaypay支払い

    固定資産税納付の時期です。

     

    今年も自宅マンションの固定資産税の通知が届きました。

    固定資産税は何のために払っているか特にわからない税金で、旅館業を苦しめる

    税金の一つです。

     

    さて、この固定資産税、クレジットカードなどでの納付ができますが手数料が

    発生します。ただ、今年から神戸市はpaypayなどの電子マネーでも支払うことができ

    るようになったとかで、それらには手数料が発生しないので、今年はpaypayで支払ってみました。

     

    銀行振込とは違い手元に領収書は残りませんが、paypay上に履歴は残るので

    何か言ってきたら、「払いましたよ」という回答ができます。

     

    以前、税務署から法人税未納と電話があった時は「金融機関が間違った年月で報告していた」

    というお粗末な結果があり、既存の支払い方法でも間違えられるときは間違えられます。

     

    決済手段が多様化する昨今、せめて今後も新しい決済方式での支払いを増やしていって

    もらいたいものです。