• プロフィール

    Author:大坪敬史

    大坪 敬史
    関西学院大学 文学部地理学科卒。
    民俗学、文化人類学、観光地理学を学ぶ傍ら、大手旅行会社での添乗・実務業務に没頭。日本文化を守り伝えていく“地域活性化”を志し船井総合研究所入社。
    宿泊施設のマーケティング戦略立案から、具体的な販促実務までを主軸に置いたコンサルティングを展開。中でもインターネットを駆使したWeb販促&直販売上倍増ノウハウ&即時業績向上には定評がある。 世界に誇る日本文化を次代に語ること、、、をテーマに全国を日々巡礼中。
    2010年1月、日本の観光業の永続的発展を目指した株式会社観光文化研究所を設立。代表取締役に就任。
    月別の投稿
    2020年12月
    « 11月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
    2006年12月から「毎日」更新中!
    ブログ内検索
    2020年11月22日

    一刻も早く「ルール」の提示を~GoToトラベル事業に関して~

    トラベル見直し、数日中に方向性 西村氏「都道府県と連携」

    というニュースが流れています。

     

    本事業は国策ですので、国民はその通達に従う必要があります。

    しかし、「ルール」を早急に提示していただかないと、旅行者も事業者も

    「どうなるのだろう?」という困惑ばかりが増大し、結果的に旅行需要が

    減退し、せっかく立ち直りかけてきた地方経済にも悪影響を与えることは

    間違いありません。

     

    GoToトラベル事業があろうがなかろうが、旅に出る層はいらっしゃいますし、

    今の論調は「今後の予約で一時的に事業の恩恵を受けられなくなる」ということ

    ですので、既存のご予約のお客様に関してはこれまで通り感染対策をしっかりと

    したうえで旅をしていただいて問題ないはずです。

     

    ただ、国民性というか「危ない」というような論調になると「旅行に行くこと」

    自体を取りやめてしまう。。。ということも事実。

     

    「数日中」に「方向性」などとはいわず、連休明けにでも具体的「ルール」の

    提示をしていただきたいものです。