• プロフィール

    Author:大坪敬史

    大坪 敬史
    関西学院大学 文学部地理学科卒。
    民俗学、文化人類学、観光地理学を学ぶ傍ら、大手旅行会社での添乗・実務業務に没頭。日本文化を守り伝えていく“地域活性化”を志し船井総合研究所入社。
    宿泊施設のマーケティング戦略立案から、具体的な販促実務までを主軸に置いたコンサルティングを展開。中でもインターネットを駆使したWeb販促&直販売上倍増ノウハウ&即時業績向上には定評がある。 世界に誇る日本文化を次代に語ること、、、をテーマに全国を日々巡礼中。
    2010年1月、日本の観光業の永続的発展を目指した株式会社観光文化研究所を設立。代表取締役に就任。
    月別の投稿
    2020年8月
    « 7月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
    2006年12月から「毎日」更新中!
    ブログ内検索
    2020年01月13日

    市道の工事に思う

    自宅があるマンション前の道を年明けくらいから工事が続いています。

    市道なので、施主は神戸市のようです。一部、工事が終わった箇所をみてみると、

    変わったところは「街灯」がついているかどうか。

    昨今、物騒なニュースが続いていますので「安全」という観点からの施策でしょう。

    私が住んでいるポートアイランドは子供多く、子供の安全対策は必要です。

    人口も多いので費用対効果も高いでしょう。

     

    ・・・しかし、該当をつけるのに道の土をほりかえしてアスファルトはって

    さらにその上にタイル加工、、、など「それいりますか?」という工事もあります。

    もちろん、住民としてはきれいになるのは良いことですが、果たして必要な投資なのかは謎です。

     

    費用対効果の高い公共工事、どこで歯止めをかけ、効果をどうはるか?とは難しいんだろうな~

    と思いつつ、工事中の道の横を通っていました。