• 月別アーカイブ
    2021年06月01日

    国内長期路線苦戦中

    夏休み期間の宿泊予約が少しづつ上向きになっている状況ですが、

    航空便はどうなっているのか?と思い、ANAのマイル予約画面を検索しました。

    上記はお盆期間の大阪→札幌便ですが、ほぼすべての便が「マイル」で予約できるという

    異常事態。例年、この時期はマイル予約分は早々に満席になるのですが、現状夏の国内長距離

    移動については厳しそうです。

     

    ワクチン接種が進み、この動きが「どう変わるか?」が今後の注目点ですが、現況を見る限り

    北海道や沖縄の観光関連業は苦戦することが予測されます。

    そもそも、域内だけの観光が成り立たない(他エリアから観光客が来ることが前提)エリアでも

    ありますので、全国的なGoToトラベル再開などで「長距離移動OK」の空気が生まれないと

    厳しい状況下にあります。

     

    そうなると、エリア全体がマイナスとなり、せっかくこれまで育ってきた観光コンテンツも

    無に帰すことになりますので、迅速かつ抜本的な支援策が求められます。

    2021年05月18日

    日本の基幹空港が・・・

    羽田空港~伊丹空港経由で神戸に戻ってきました。

    両空港とも日本の基幹空港ですが、人の姿はまばら。。。

     

    ただ、欠航まみれで「飛ぶ」飛行機の数が通常より大幅に集約されているので

    飛行機内は席がまばら・・・という状態ではありませんでした。

     

    ワクチン接種が進んだアメリカなどでは、国内線から搭乗率が回復している

    というニュースを見ますが、日本はまだまだのようです。

     

    これだけ人流が抑制された悪影響は多方面に出る(出ている)でしょうから、

    相当な気合を入れて経済回復策を実行しないと日本経済はもちません。

    閑散とした空港を後にそんなことを思っていました。

    2021年05月13日

    自然の「借景」も料理のアクセント

    長崎に出張中です。

    訪問先のクライアント先様では食事処をリニューアルプランされたので、

    そちらの会場で夕食をいただきました。

     

     

    雲仙の自然が借景となり、料理のアクセントになっています。

    こちらの旅館様は料理の味には以前から定評のある施設様で、このレストラン会場の雰囲気

    と共に益々評判が上がることでしょう。

     

    私も仕事ながら素晴らしい時間を過ごさせてもらいました。

    2021年05月12日

    地元宿泊需要喚起策は一定の効果アリ

    本日は、某県の地域宿泊喚起策がスタートする日でした。

    そちらにあわせて、クライアント先様に宿泊喚起策を盛り込んだプランを

    仕込んでいただき、準備をしておりました。

     

    予約開始スタート早々に、当該クライアント先様該当分の補助枠は満枠に

    なり、予約が一気に増え何よりでした。

     

    某県はコロナ感染者も少なく、こういった策ができたのでしょうが他都道府県に

    おいても、感染者の状況をみつつ、こういった施策を展開していかないともう

    業界がもちません。

     

    何より都道府県なりが「地域内で旅行にいきましょう」と言ってくれることの

    影響の大きさを改めて感じた次第です。

    2021年05月10日

    厳しい時期を「どう」動かが未来を決める

    有馬温泉に出張でした。

     

    全国、関西でも有数の温泉地の一つですが、緊急事態宣言の影響で

    街がひっそりとした状態でした。休館の宿も多く、今回の緊急事態宣言は

    場所によっては関東より関西の方が悪影響が大きく感じます。

     

    ただ、訪問先の旅館様では、GoToリスタート後を見据え、長期の投資計画

    など図面をもとに協議していました。

    不幸中の幸いで、様々な補助金が出ているのでそれらを活用しての投資計画です。

     

    厳しい時期ではありますが、この時期に「どう動くか」で未来が決まります。

    そんなことを改めて実感した次第です。

    2021年05月07日

    「行政からの観光振興策」を活かす

    上諏訪に出張でした。

     

    こういった状況であっても、長野県の宿泊補助事業がスタートすると

    いうことでそちらの対策プランと、マーケティング施策を仕込んで

    いただきました。

     

    ただ、感染の状況により停止もあり得ます、という前提ですので

    うまく走りつづけられるかどうかは未定です。

    しかしながら、現況下において「行政からの観光振興策」は数少ない

    宿への追い風です。

     

    座してただ待つよりも、そういった振興策を「どう活用するか」を決め、

    実行に移すことが肝要です。

    2021年05月01日

    JTB、政投銀に資本支援の要請検討 コロナで財務悪化

    ■ JTB、政投銀に資本支援の要請検討 コロナで財務悪化

    ===================================

    旅行大手JTBが、政府系の日本政策投資銀行(政投銀)に資本支援を要請する
    方向で検討していることがわかった。コロナ禍で旅行需要の低迷が続くなか、
    悪化した財務基盤を立て直す狙いがある。

    関係者によると、JTBは近く政投銀側と具体的な支援策を協議する方向で、JTBが
    議決権がない優先株を発行し、政投銀に引き受けてもらう案などが浮上しているという。

    JTBは新型コロナウイルスの影響により、2020年9月中間決算で、最終的なもうけを示す
    純損益が過去最大の781億円の赤字になった。通期でも、事業全体のもうけを示す経常損益
    が1千億円の赤字に陥る見込みで、財務内容の改善策が急務になっている。

    JTBでは22年3月までに、グループの要員を全体の2割強にあたる約6500人減らすほか、
    国内の店舗を115店減らすなどのコスト削減も進めている。

    ===================================

    というニュースが流れました。

    以前にも資本金を1億円に減資して中小企業化する、という施策を実行されていましたが、
    それだけでは到底この赤字額を解消することはできないのでしょう。

     

    日本政策投資銀行さんにに優先株を引き受けてもらうとなると、ただの借入よりも一定の
    経営の関与が出てくるものと推測されます。日本政策投資銀行さんに、それだけのノウハウ
    があるのか?また、JTBというビジネスモデルが今後の「観光業界」の中でどういった立ち位置
    となってくるのか注視していきたいと考えております。

    2021年04月28日

    リピーター様が旅行するのは「今」

    群馬県に出張でした。

     

    群馬県の宿泊キャンペーンも停止になり、逆風が吹いている状況ですが、

    このような時期ですが、リピーター様が頻度高くいらっしゃっている、

    という話を伺いました。

     

    GOTOトラベル時よりも宿泊客が「少なく」、館内を広々使え落ち着く、

    という理由からとのことですが、本当に旅慣れている方はそういった状況を

    的確に判断し旅行されるのだな~と。

     

    自宅からマイカー移動で宿に直行し、感染対策万全のエリアで過ごすのと

    近所のスーパーに行くのとでは、前者の方が圧倒的に低リスクと誰が

    考えてもわかります。

     

    GW中も、そういった冷静なお客様の行動を求めていきたいものです。

    2021年04月24日

    この1年、何をしていたのか 医療敗戦くい止めよ

    お客様を草を刈るようにはぎとる「まん防」の次は、市場に毒を

    まいて毒沼と化す「三回目の緊急事態宣言」。

     

    さすがにあきれ果てたのか、日経新聞ですら朝刊に
    この1年、何をしていたのか 医療敗戦くい止めよ

    政府、自治体首長、そして医療界はこの1年あまり何をしていたのか。

    菅義偉首相が4都府県を対象に3度目の緊急事態宣言を出したのは、医療の提供能力が感染の増大に追いつかなくなったためだ。感染第1波の昨春から、まん延防止等重点措置を適用したこの4月までを通じ、結果としてこれら3当事者が責を果たしたとは言い難い。・・・

    という辛辣ですが、至極当然の記述が成されています。

     

    本日、4月の後半に会食を予約しているお店から電話があり

    「緊急事態宣言で酒類の提供ができませんが、来ていただけますか?」と連絡がありました。

    「迷惑でなければ、伺いたいのですが・・・」と回答すると「ありがとうございます。お待ちしています!」

    とおっしゃっていました。

     

    微力ながらそういった前を向いている企業を応援する意味でも、過度な自粛は

    控えていこうと考えております。

     

     

    2021年04月21日

    前を向く企業にこそ補助を!

    群馬に出張でした。

     

    訪問先の旅館様ではリニューアル予定の露天風呂付客室のデザインがあがって

    きたので、そちらの協議をしていました。

    コンセプトや費用対効果、お客様の快適性など多方面から議論になり、良い

    リニューアルになりそうです。

     

    第三の緊急事態宣言が避けれない雰囲気になってきたので、その期間中に工事を

    完了させ、夏の予約を!と盛り上がりました。

     

    こういったご時世ですから後ろを向くと際限ありませんが、前を向いて

    事業継続に注力したいものです。また、そういった企業にこそ国の補助が

    最大限発揮させるような施策を望みます。