• メディア掲載事例
    Media Publishing Case
  • 2010年2月20日 観光経済新聞 寄稿

    旅館サービスの標準化

    4 スタッフ=標準化 スタッフを指導する立場の人と話をすると、マニュアルや行動指針を設けてもどうせ言うことを聞かないから無駄だろうと考えている人が実に多い。果たしてそうだろうか。旅館の現場を見ていると、行動指針が無くてスタッフが混乱している場面を良く目にする。
    接客研修の一環でサービスコンテストというものを実施している。ある場面での接客対応力を...... 続きを読む  
    2010年2月13日 観光経済新聞 寄稿

    旅館サービスの標準化

    1 安定した集客
    旅館業界はインターネットの普及に伴い、直販化が進んでいる。これまで、旅館の予約は旅行会社の窓口に行って間接的にするもので会ったが、旅行会社を通さずに旅館のwebサイトで直接手配するものへと変化しているのである。近年は、国策によるブロードバンド化推進により、誰もがwebを通じて情報発信を出きる様になった。web販売黎明期には、見...... 続きを読む  
    2009年10月01日発行(262号Vol.50 No.4) IEレビュー掲載

    特集 守る標準から改善に活かす標準へ

    ...... 続きを読む  
    2009年8月14日 J-CASTニュース

    福岡の2つのホテル ドイツの審査機関から「エコホテル」認定

    (中略)
    観光業に詳しい大坪敬史さんは、「このような大々的な取り組みはたしかに珍しい」とした上で、ホテルによるエコの取り組みはここ数年、ヨーロッパを筆頭に実行されつつあるという。
    (中略)...... 続きを読む  
    2009年8月4日 DIME掲載記事

    お得なプランが満載!今夏は旅行に最適です

    今、宿泊産業全体の稼働率が激減しています。ビジネスホテルはもちろん、週末や休暇の集客に頼っていた旅館やリゾートホテルでも、これまででは考えられないお得なプランを打ち出しています。夏は一番の稼ぎ時。ここでいかに集客できるのか、ある意味、各宿泊施設同士の戦いなんです。宿泊は昨年よりも今年の方が明らかに安い。今夏はファミリー旅行に行き時です。有益な情報を収集して、...... 続きを読む  
    2008年10月 JPN MANAGEMENT 掲載

    旅館業の取り組みから学ぶ

    ■経営改善のアイデア
    原油高を逆にビジネスチャンスととらえ、PRや経営改善に結び付ける「攻めのアイデア」を2つの旅館の取り組みから考える。  2008年夏、「原油高騰&ブッカ高騰&先行き不安による国内外の旅行ニーズの減少という記事が世間を賑わしましたが、はたしてその通りでしょうか?
    確かに海外旅行者数、各航空会社の搭乗率等の統計か...... 続きを読む  
    2009/7/28 J-CASTニュース

    タダで泊まれて109円返金 「会員制」商法が人気

    (中略)
    観光業に詳しい大坪敬史さんは、「小規模の宿泊施設など、予算の関係で販促をあまりかけられない旅館では効果的でしょう」と指摘する。
    くわえて、集客が苦しい旅館側としても、お客さんの取り込みには力を入れたいところだ。実際、ある旅館関係者は「高速道路料金が1000円になっても、宿泊客は少ない。財布のひもは依然として固い」と嘆く。...... 続きを読む  
    2008年10月29日 中日新聞

    浅間温泉 再生へ まずは「おもてなし」からスタート

    浅間温泉 再生へ まずは「おもてなし」からスタート...... 続きを読む  
    2008年10月29日 信濃毎日新聞

    浅間温泉 再生へ まずは「おもてなし」からスタート

    浅間温泉 再生へ まずは「おもてなし」からスタート...... 続きを読む  
    2007年2月11日 読売新聞掲載記事

    後継者難は深刻・「派遣して」要望も多く

    (中略)
    旅館のコンサルティングに当たる大坪敬史さんも、旅館の戦略の変化を指摘する。「お忍びのお客様をターゲットにした旅館では、女将があいさつのために客室をめぐることはほとんどなくなりました。」必ずしも女将が「旅館の顔」である必要はないということだが、大坪さんによると、「有名温泉地ではなく、過度な設備投資もしていないのに、なぜか繁盛している。そ...... 続きを読む  
    1 2 3 4