• プロフィール

    Author:大坪敬史

    大坪 敬史
    関西学院大学 文学部地理学科卒。
    民俗学、文化人類学、観光地理学を学ぶ傍ら、大手旅行会社での添乗・実務業務に没頭。日本文化を守り伝えていく“地域活性化”を志し船井総合研究所入社。
    宿泊施設のマーケティング戦略立案から、具体的な販促実務までを主軸に置いたコンサルティングを展開。中でもインターネットを駆使したWeb販促&直販売上倍増ノウハウ&即時業績向上には定評がある。 世界に誇る日本文化を次代に語ること、、、をテーマに全国を日々巡礼中。
    2010年1月、日本の観光業の永続的発展を目指した株式会社観光文化研究所を設立。代表取締役に就任。
    月別の投稿
    2022年8月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
    2006年12月から「毎日」更新中!
    ブログ内検索
    2022年08月05日

    太陽の光が届かない機内より

    長崎に出張でした。

    朝イチの伊丹⇒長崎空港のJAL便に搭乗しましたが、窓が全て閉まっており

    ビックリ!離陸したらアナウンスがあり、開けてくださいと放送があるのかと

    思えば何もなく、着陸時に「SDGsの観点から窓を閉めていただけるお客様は

    ご協力ください」と。

    機内の空調を太陽の光で暖めないための経費削減策ですが、なんとも・・・。

     

    私にとっての飛行機は「移動する機体」でありますが、お子様連れや旅をされる

    お客様にとっては「空の上からの景色も楽しみながら移動する機体」です。

    流行りのSDGsという言葉を使って、安易な経費削減策を展開していくことが

    飛行機離れ、さらにはLCCなどの競合他社と同じ土俵に落ちるということ

    を理解していないのでしょうか?

     

    太陽の光が届かない機内でそんなことを思っていました。