• プロフィール

    Author:大坪敬史

    大坪 敬史
    関西学院大学 文学部地理学科卒。
    民俗学、文化人類学、観光地理学を学ぶ傍ら、大手旅行会社での添乗・実務業務に没頭。日本文化を守り伝えていく“地域活性化”を志し船井総合研究所入社。
    宿泊施設のマーケティング戦略立案から、具体的な販促実務までを主軸に置いたコンサルティングを展開。中でもインターネットを駆使したWeb販促&直販売上倍増ノウハウ&即時業績向上には定評がある。 世界に誇る日本文化を次代に語ること、、、をテーマに全国を日々巡礼中。
    2010年1月、日本の観光業の永続的発展を目指した株式会社観光文化研究所を設立。代表取締役に就任。
    月別の投稿
    2020年10月
    « 9月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
    2006年12月から「毎日」更新中!
    ブログ内検索
    2020年10月13日

    地域共通クーポンの「負の側面」と「プラス面」

    群馬に出張でした。

    訪問先の旅館様フロントに以下の掲示がありました。

     

    スタッフさん作成の、地域共通クーポン 電子クーポン発券手続きのフロー図になります。

    この悪名高い電子クーポン、特定のOTAや旅行会社?経由の予約で発券されるクーポンですが

    使い勝手&発券方法ともに最悪です。

     

    ただ、そうは言ってばかりいられないので、オペレーション改善のため、上記掲示をはじめると

    いくぶんスムーズにお客様が使えるようになったとか。

     

    こちらのクライアント先様では、周囲に地域共通クーポンが使えるお店が少ないこともあり、

    平日は8割、休前日は3割の発券に対する消化率があるそうです。

    地域共通クーポン対策で、地元農産物などを支配人ネットワークで仕入れていただいた成果で

    そういった商材から先に売れていくとのこと。

    農産物、米などは仕入れる度に完売!とのことで、地域共通クーポンの負の側面とプラス面を

    一気に垣間見た1日でした。