メディア掲載事例

過去のメディア掲載実績をご紹介します

NST
2017年4月11日
旅行新聞新社
“経営の無駄を省け”宿の成功事例など紹介 観光文化研究所
東京でセミナー

観光文化研究所(大坪敬史社長)は2月20日、東京都内で旅館業経営者向け「【観光へき地・外国人観光客ゼロ】&【劣化設備】&【人材不足】でも…旅館を繁盛させる法大公開セミナー」を行った。セミナーは3部構成で行われ、第1講座では、栃木県・馬頭温泉の南平台温泉ホテル支配人の瀬尾和彦氏が登壇。「立地条件最悪」「地名度無し」「施設は老朽化」など、マイナス要素ばかりが目立つ同館が、3期連続で売上目標を達成できた秘策について講演を行った。 【松本 彩】

 南平台温泉ホテルは、1973(昭和48)年に、ゴルフ場経営を主体としている那須八溝物産の一部門として開業。2011年に那須八溝物産は民事再生手続きを行ったが、そのなかでも同ホテル自体は黒字経営を続けていた。同ホテルの本館が増築されたのが、今から32年前の1984(昭和59)年。そのあと1990(平成2)年に新館「緑水亭」がオープンするが、それ以降は増築や改修は一切行われていない。同ホテルがある馬頭温泉は、最寄り駅の氏家駅からも車で45分かかるなど、立地条件は最悪ともいえる環境だ。
 
 館内施設も恵まれているとは言い難い。館内通路の壁は、東日本大震災の影響により、剥がれ落ちて、継ぎ接ぎをしている状態の箇所もある。また、〝レトロ客室〟と呼ばれている1階と2階にある客室のうち、2階の客室にはトイレが完備されていない。さらに、エレベーターもないため、2階への移動は幅の狭い階段を使わなければならず、高齢の宿泊者からはクレームが上がることもあるという。
 
 ではなぜ、立地条件、知名度、施設状態ともに恵まれてはいない同ホテルが、3期連続で売上目標を達成することができたのか、そのカギは売上報告書や客室稼働率表などの活用にある。
 
 同ホテルは、宿泊業以外にも日帰り温泉施設「観音湯」、大衆演劇「みなみ座」を運営している。売上構成比は、ホテル部門で2億7千―8千万円、みなみ座と観音湯を合わせて1億円程度の売上がある。
 
 瀬尾氏は、日々の売上を売上報告書に入力するだけではなく、過去2年分の売上を、曜日や対目標値との比較を行い、宿泊プランの設定などを行っている。
 
 さらに、売上報告書以外にも客室別稼働率表を活用し、どの時期に稼働率が下がるのかを確認し、客室料金を上げるタイミングなどをはかっている。
 
 訳あり客室(レトロ客室)を逆手に取った宿泊プランの販売にも力を入れているほか、 2013年にはホームページとスマートフォンサイトをリニューアル。1日当たり200人程度のアクセスがあり、スマートフォンからの予約比率は約30%になっている。
 
 第2講座は、「立地・設備・人材難…変えられないデメリットを抱える中『おもてなし』の徹底で顧客満足度向上&集客増を実現させる法 大公開!」と題し、本紙でもコラムを連載中の井川今日子氏が講義を行った。井川氏は、スタッフ教育における生産性の向上について、接客のルールを定めたマニュアルを作成することの重要性を主張。「スタッフ研修のロールプレイングを見ていると、非常に無駄が多い。価値のない接客をするよりも、無駄を省き、お客様とよりコミュニケーションを取る方が大事」と語った。
 
 顧客評価が高い旅館スタッフを育てる方法の1つとしては、「自館に宿泊すること」を挙げ、「自館に泊まったことがないスタッフが驚くほど多い。自館のことを知らないと、お客様にPRすることは到底できない。お客様視点で自館を知ることは本当に重要」と強調。そのうえで、自館の料理・温泉・おもてなしなどを体感することで、さらなる気づきが生まれると伝えた。
 
 第3講座の「外部環境&内部環境に左右されず旅館を繁盛させる法 大公開!」では大坪氏が、ウェブ販促の視点から講義を行った。大坪氏は旅館が経営改善していくためには、“「誰」に「何」を「どうやって売るのか」”についてを見直す必要があるとし、「オンライン旅行会社(OTA)などが力を持ってきた現在、10年前と同じ広告の仕方では、集客は見込めない」と言及した。
 
 これらの現状を踏まえ、業績を定期的かつ効率的に上げる方法に、①売る経営体制の構築②売る「魅力的な商品」の構成③商品を売る「売場」の整理④無料でできるネット増倍策の実施⑤ネット広告――を提示。「自社ホームページの強化は必須で、なおかつスマートフォンサイトの構築も重要」と述べた。自社ホームページからの予約には特典を付けるなど、「自社ホームページに顧客を流入させる仕組みづくりをしていくことが、顧客確保のうえで必要になる」と参加者に呼びかけた。

NST
2017年3月4日
観光経済新聞
旅館の繁盛法指南 成功事例や集客策

(中略)
旅館コンサルティング会社の観光文化研究所は(兵庫県神戸市、大坪敬史社長)は2月20日、旅館経営者を対象にした「『観光へき地・外国人観光客ゼロ』&『劣化設備』&『人材不足』でも・・・旅館を繁盛させる法セミナー」を東京都内で開いた。関東圏の旅館経営者を中心に35人が参加した。
(中略)

NST
2016年10月1日
観光経済新聞
地方旅館「滞在の魅力向上を」 訪日旅行シンポ 地域内連携が必要

(中略)
他方でインバウンドに関する地方旅館と地域の課題について、旅館経営コンサルタントなどを務める観光文化研究所専務取締役、井川今日子氏は「オプショナルツアーなどで外国人宿泊客を楽しませる環境がなく、夜間の過ごし方も提案できていないところが多い。旅館と地域が連携してオプショナルツアーなどをもっと普及させる必要がある」と指摘した。
(中略)
NST
2016年8月2日
ブルームバーグ
政府:「21世紀型インフラ」に10.7兆円、クルーズ船の港整備など

(中略)
旅行関連のコンサルタントを行う観光文化研究所の代表、大坪敬史氏は「号令をかける国と自治体や民間の地方金融機関などの意思統一が不十分な部分があり、本当に設備投資の資金を必要としている地方の観光関連企業に資金が回っていないケースもある」と指摘。きめ細かい対応が必要だと述べた。
(中略)
NST
2016年7月8日
読売新聞
【くらし面】 ホテルも船も「美術館」

(中略)
観光文化研究所のおもてなしコンサルタント井川今日子さんは「芸術家支援は、社会貢献活動として企業・団体の評価を高め、全国から人を呼ぶきっかけにもなる。 全国各地で地域の芸術家の作品を取り込んだイベントが成功していることも動機になっている」と話す。
(中略)

NST
2016年2月9日
読売新聞
【WOMEN&WORK】 旅館の女将 脱・世襲

(中略)
旅館コンサルタントの井川今日子さんは、「旅館は女性が多く、活躍したい職場。ただ、家業が大半で経営や運営方法があいまいなまま営んでいるところもある。」と指摘。
「他業種を含め外部の風を入れることで、今まで気づかなかったことが見える。内部の優秀な女性をいかすため、従業員のキャリアアッププランを確立し、積極的に昇格させるなど、やる気を引き出すことも大事だ。」と話す。

NST
2014年3月11日
旬刊旅行新聞
旅館の繁盛法公開“おもてなし”を再強化

観光文化研究所(大坪敬史代表)は2月17日、東京都内で旅館業経営者向けに「今こそ“おもてなし”を再強化!“おもてなし”דマーケティング”で旅館が繁盛する法大公開セミナー」を行った。
(中略)
第1部では、飛騨高山で2つの価格帯の旅館「本陣平野屋花兆庵」「本陣平野屋別館」を経営する有巣栄里子女将が、スタッフ教育やおもてなしのクレーム対応など、繁盛旅館の秘訣を語った。
(中略)
第2部は、観光文化研究所の井川今日子氏が繁盛旅館が行うおもてなしとマーケティング事例を紹介した。
(中略)
続く第3部は、同社の大坪代表が、販売チャネルの再構築やマーケティング戦略などによる売上倍増法など、エリア、施設規模、客単価別に、おもてなしから、集客とリピーター化へつなげる手法を伝授した。
NST
2014年3月1日
旬刊旅行新聞
「もてなしの達人」「優秀バスガイド」「優秀バスドライバー」も表彰

(中略)
続く講演会には、観光文化研究所の井川今日子氏が登壇。当たり前と考えていることへの反省、顧客のためにどれだけ事前準備ができるか、など「おもてなし」について 語った。井川氏は本紙で「おもてなしコンサルタント」としてコラムを連載している。
(中略)
NST
2013年10月9日
毎日新聞
とちぎ“券”で行こう
(中略)
だが、旅館コンサルタントの井川今日子さんに聞くと「観光予算が出てもウェブサイトを作っておしまいだったり、宿泊につながらないことも多い。その点、宿泊券は客にメリットがあり、必ず宿泊してくれるので旅館側もありがたい」という。
(中略)


NST
2013年8月1日
旬刊旅行新聞
旅館コンサル井川さんが本出版

おもてなしは「思って、なす」
基本接客から場面別おもてなしまで

全国の旅館や観光協会などで接客指導、集客提案等を行う旅館専門コンサルタントの井川今日子さん(観光文化研究所所属)が執筆した「おもてなし接客術」が、同文舘出版から発行されている。
「ちょっとした心づかいでこんなに変わる」の副題どおり、基本接客から場面別おもてなし、クレーム対応、ロールプレイング、お客様アンケートまで、すぐに実践できるような実用本になっている。
井川さんは本の中で「接客は返品できない商品そのもの。気に入らないからといって入店時からやり直しはできない」と語っており、お客様に「また来たい」「誰かに紹介したい」と価値を感じていただける接客が「おもてなし接客」と断言する。
さらに、「おもてなしはお客様のようすを見て『思って、なす』こと」と語り、「伝わらなければ意味がない。相互的なもの」と説明。「事実がお客様の期待を上回った時に初めて(顧客満足が)生まれる」と、期待以上の接客が「おもてなし接客」と強調する。
レベルを上げるため、スタッフ同士のロールプレイング(役割を演じる)の重要性も提案している。
四六版200ページで定価1470円(税込)。
NST
2013年7月5日
日経MJ
身につく読書

『おもてなし接客術』井川今日子著

マニュアル接客はできて当たり前。接客も「商品」であるとの認識のもの、「ただの接客」に大きく差をつける接客術を指南する。
(同文舘出版、1470円)
NST
2013年6月17日
NST(フジTV系)18:16からの県内ニュース
観光地の魅力高める 六日町温泉56周年 1年の安全を願う

観光による地域活性化
観光経済新聞
2013年6月15日
観光経済新聞
ちょっとした心づかいでこんなに変わる!おもてなし接客術

旅館コンサルタントとして「おもてなし接客」を指導している著者が、基本接客から場面別おもてなし、クレーム対応、ロールプレイング、お客様アンケートまで、宿泊客の心に寄り添う接客のコツを伝授する。・・・

ブルームバーグ
2013年4月11日
旅行新聞新社
観光文化研究所主催 売上倍増法を大公開 旅館経営者向けセミナー開く

観光文化研究所(大坪敬史代表、兵庫県神戸市)は3月12日、東京都内で旅館経営者向けに、「今こそ原点回帰!商品力+ネット力強化で直販売上倍増法大公開セミナー」を開いた。セミナーは3部構成で、第1講座では「デフレ時代に年間売上2億円、客単価を1500円アップした松乃井の経営戦略」をテーマに、群馬県水上温泉「源泉湯の宿 松乃井」と同県老 神温泉「源泉湯の宿 紫翠亭」の2館を運営するシーガル・リゾートイノベーションの戸澤千秋社長が講演した。・・・
ブルームバーグ
2012年10月19日
ブルームバーグ
Chinese Airline Ends Free Japan Flights Promotion on Protests

(中略)
“October’s figure will surely be worse,” said Takafumi Otsubo, president of Tourism Culture Labo, which advises hoteliers. “There are many people who are suffering in the tourism industry.”
<該当記事・リンク>
英語版
ブルームバーグ
2012年9月14日
ブルームバーグ
日本への中国人旅行者が最大20%減も-尖閣諸島問題で

(中略)
観光コンサルティングを手掛ける観光文化研究所の大坪敬史社長は、中国からの団体のキャンセルについて、本人や旅行会社の意思というよりも、一定の政治的な圧力が旅行会社にかかっているのではないか、との見方を示す。その上で、日中の交流が途絶えることはないだろうが「観光が政治の道具として使われている現状は残念だ」と懸念を示し、一刻も早く両国の観光産業の回復を望むと語った。
<該当記事・リンク>
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MAAMZD6TTDVB01.html 英語版
旅行新聞新社
2012年9月1日
旅行新聞新社
禁煙ルームの注意点

昨今の健康志向と、神奈川県公共的施設における受動喫煙防止条例(不特定多数の者が出入りすることができる公共的な空間における受動喫煙による健康影響を防止する条例。地方公共団体初の条例)などがメディアで取り上げられることも追い風に、お客様の嫌煙志向が強くなってきています。・・・
旬刊旅行新聞
2012年6月1日
旬刊旅行新聞
旅館で紹介できる病院はあるか

先日、北海道に家族旅行に行ってきました。その折、普段慣れない旅行のせいか、長女がぜんそく並みの咳をするようになりました。・・・
産経新聞
2012年5月1日
産経新聞
「豪華」と「格安」二極化

(中略)観光コンサルタントの大坪敬史氏は「インターネットで簡単に料金が比較できるため、旅行会社もぎりぎりまで値下げしたりサービスを増やしたりしている。競争はますます激しくなっている」と指摘する。
観光経済新聞
2012年2月4日
観光経済新聞
旅館向けセミナー開催 星の宿女将が講演

観光文化研究所(大坪敬史社長)はこのほど、東京・中央区の会議室で旅館向けセミナー「前職は専業主婦。御歳76歳の旅館素人の女将が6年間で+1億円の売り上げ増を達成した”秘策”大公開セミナー」を開いた。 日光星の宿(全21室)の中馬悦子女将が講演した。インターネット販売の強化でインターネットの売上比率を全体の26.5%まで上げた。また大浴場、客室のリニューアルにより客室平均単価を7,511円向上させることに成功した。学校についても1泊3食6,500円から同7千円の単価アップ交渉に成功。60万円以下の利用は受け付けないことにしたという。
ブルームバーグ
2011年12月8日
ブルームバーグ
カジノ法案:超党派、震災復興・国際観光を武器に突破口を模索

(中略)
一方で、観光コンサルティングを手掛ける観光文化研究所の大坪敬史社長は、マカオやシンガポールなど「世界でも有数の実力を持つようになったアジアの既存カジノとの競争で勝算は未知数だ」と言い、日本での事業の採算性に懸念を示した。
(中略)
<該当記事・リンク>
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-LVTS9007SXKX01.html
2011年3月13日
長野県NHKニュース
浅間温泉おもてなし講習会
観光経済新聞
2010年12月20日
観光経済新聞
旅館の繁盛法をセミナーで指南

観光文化研究所(兵庫県神戸市、大坪敬史社長)は11月24日、旅館向けセミナー「温泉ナシ&人材ナシ&知名度ナシでも『旅館が繁盛する法』公開セミナー」を東京都内の貸会議室で開いた。
全7室の割烹旅館「大進館」(神奈川県愛甲郡)の佐藤淳一郎社長が3年間で売り上げを3500間年伸ばした手法をゲスト講師として語った。
 井川今日子コンサルタントは大進館で成功したスタッフ教育の内容を紹介した。
 大坪社長は新しい集客マーケティング手法を公開した。「リアルエージェトからの送客減は、もはやネットエージェント、自社サイトでカバーできないレベルに達している」としてうえで、「ネットで集客が良かった宿泊プランをリアルエージェントの企画商品に入れて、同商品で前年比200%の集客に成功した」と報告した。
 自社サイトや宿泊予約サイトに掲載して販売実績が良かった宿泊プランを、KNTのメイト宿泊プランに採用してもらうことで実現したという。
市民タイムス掲載記事
2010年12月8日
市民タイムス掲載記事
おもてなし術を学ぶ/浅間温泉で従業員講習会

松本市浅間温泉の28の旅館や地域住民でつくる浅間温泉再生協議会は8日、地元の梅の湯いでおもてなし講習会を開いた。温泉街の旅館従業員15人が参加し、基本的な礼儀作法等を、これからの接客に生かそうと真剣に学んでいた。
 観光文化研究所(神戸市)の井川今日子さんを講師に招いた。ふすまを3回に分けて開けきる「三手の開け閉て」や、割り箸を扇子を開くようにする正しい割り方などの礼儀作法を学んだ。
(中略)
IEレビュー掲載
2010年8月01日
IEレビュー掲載
ビッドバレーサロン 電話について一言 ―業務の標準化と顧客満足―

要旨
「はい、○○旅館でございます」。数年前、ある旅館に宿泊予約の電話をしたときの出来事である。大学時代の友人とどうにか休みを合わせてようやく決めた旅行だったため、宿泊先は何度も相談を重ねて決めた厳選宿だった。当時から旅館の経営コンサルタントをしている私は旅館スタッフの接客指導にもあたっており、皆を代表して予約の電話をかけることにした。・・・
市民タイムス掲載記事
2010年3月19日
市民タイムス掲載記事
誘客に有効なHP作り/浅間温泉再生協が講習

 松本市の浅間温泉観光地再生協議会は18日、市浅間温泉文化センターで、誘客に有効なホームページ(HP)の作り方を学ぶ講習会を開いた。
実際に宿が開設しているHPを見て、良い点や修正典を確認した。
 旅館コンサルティング・観光文化研究所(神戸市)の井川今日子さんが講師を務めた。井川さんは出席した7軒の宿が制作したHPを見て順番にチェックした。「部屋の間取りが出ていて分かりやすい」という評価や「トップページのインパクト、情報量が少ない」といった指摘をした。
 宿の経営者やHP制作の担当者が出席した。更新されないままになっている情報をなくすこと、HPの情報を従業員がしっかり把握しておく必要性も確認した。同協議会は「宿の中身を確認してもらうためにHPは大切」と話していた。
 
観光経済新聞掲載記事
2010年2月20日
観光経済新聞 寄稿
旅館サービスの標準化

4 スタッフ=標準化 スタッフを指導する立場の人と話をすると、マニュアルや行動指針を設けてもどうせ言うことを聞かないから無駄だろうと考えている人が実に多い。果たしてそうだろうか。旅館の現場を見ていると、行動指針が無くてスタッフが混乱している場面を良く目にする。
接客研修の一環でサービスコンテストというものを実施している。ある場面での接客対応力を身につけるためのロールプレイングのことだ。・・・
観光経済新聞掲載記事
2010年2月13日
観光経済新聞 寄稿
旅館サービスの標準化

1 安定した集客
旅館業界はインターネットの普及に伴い、直販化が進んでいる。これまで、旅館の予約は旅行会社の窓口に行って間接的にするもので会ったが、旅行会社を通さずに旅館のwebサイトで直接手配するものへと変化しているのである。近年は、国策によるブロードバンド化推進により、誰もがwebを通じて情報発信を出きる様になった。web販売黎明期には、見栄えの良い文章や写真を載せておけばお客様が集まるといった旅館側の一方的な情報発信で集客できていた時代は終焉を迎え、実際に宿泊したお客様の評価が旅館の集客を左右する時代に突入した。・・・
2009年10月01日 IEレビュー掲載記事
2009年10月01日発行(262号Vol.50 No.4)
IEレビュー掲載
特集 守る標準から改善に活かす標準へ
J-CASTニュース掲載記事
2009年8月14日
J-CASTニュース
福岡の2つのホテル ドイツの審査機関から「エコホテル」認定

(中略)
観光業に詳しい大坪敬史さんは、「このような大々的な取り組みはたしかに珍しい」とした上で、ホテルによるエコの取り組みはここ数年、ヨーロッパを筆頭に実行されつつあるという。
(中略)
DIME掲載記事
2009年8月4日
DIME掲載記事
お得なプランが満載!今夏は旅行に最適です

今、宿泊産業全体の稼働率が激減しています。ビジネスホテルはもちろん、週末や休暇の集客に頼っていた旅館やリゾートホテルでも、これまででは考えられないお得なプランを打ち出しています。夏は一番の稼ぎ時。ここでいかに集客できるのか、ある意味、各宿泊施設同士の戦いなんです。宿泊は昨年よりも今年の方が明らかに安い。今夏はファミリー旅行に行き時です。有益な情報を収集して、お得なプランを実現させていください。
2009/7/28 J-CASTニュース掲載記事
2009/7/28
J-CASTニュース
タダで泊まれて109円返金 「会員制」商法が人気

(中略)
   観光業に詳しい大坪敬史さんは、「小規模の宿泊施設など、予算の関係で販促をあまりかけられない旅館では効果的でしょう」と指摘する。
 くわえて、集客が苦しい旅館側としても、お客さんの取り込みには力を入れたいところだ。実際、ある旅館関係者は「高速道路料金が1000円になっても、宿泊客は少ない。財布のひもは依然として固い」と嘆く。一方、大坪さんも「高速インターから30分以内の立地条件にある旅館は好調ですが、それ以外となると定員稼働率も低いようです。また、比較的健闘しているのは安く、サービスがよい旅館。単価の高いところは苦しい」とする。
 大坪さんは、「本来ならば、こうした方法を使わずとも部屋を埋められるのがベストなのですが、そうせざるを得ないところに、旅館業界の苦しさがうかがえます」とも話していた。
2008年10月29日
中日新聞
浅間温泉 再生へ まずは「おもてなし」からスタート
2008年10月29日
信濃毎日新聞
浅間温泉 再生へ まずは「おもてなし」からスタート
JPN MANAGEMENT掲載記事
2008年10月
JPN MANAGEMENT 掲載
旅館業の取り組みから学ぶ

■経営改善のアイデア
原油高を逆にビジネスチャンスととらえ、PRや経営改善に結び付ける「攻めのアイデア」を2つの旅館の取り組みから考える。  2008年夏、「原油高騰&ブッカ高騰&先行き不安による国内外の旅行ニーズの減少という記事が世間を賑わしましたが、はたしてその通りでしょうか?
確かに海外旅行者数、各航空会社の搭乗率等の統計からは「旅行業界全体の落ち込み」が実数として現れてきますが、すべてが悪いかというと、そうではありません。特に、旅行会社の取扱額の減少は、原油高騰の要因の他に、消費者ニーズの個別化による「旅行業界の対応の遅れ」が指摘されています。・・・
読売新聞掲載記事
2007年2月11日
読売新聞掲載記事
後継者難は深刻・「派遣して」要望も多く

(中略)
旅館のコンサルティングに当たる大坪敬史さんも、旅館の戦略の変化を指摘する。「お忍びのお客様をターゲットにした旅館では、女将があいさつのために客室をめぐることはほとんどなくなりました。」必ずしも女将が「旅館の顔」である必要はないということだが、大坪さんによると、「有名温泉地ではなく、過度な設備投資もしていないのに、なぜか繁盛している。そういう旅館には、人間的な魅力にあふれる女将がいるもの」。時代が移っても、愛される女将がいる旅館のにぎわいは変わらないようだ。

このページのトップへ